寿司学校に入る2つのメリットと2つのデメリット。

こんにちは。遅咲き寿司職人のゆうさくです。

僕のプロフィールでも少し書いていますが、寿司職人になる前は、地元で全く別の仕事をしていました(どんな経緯で寿司職人になったかはプロフィールをご覧ください)。今働いている寿司屋の前に、東京の寿司学校で2ヶ月間勉強しました。

この記事では、「寿司学校に入って良かった!」「これは必要なかったかな…」といったことをまとめています。

これから寿司学校に入学を考えている人に役立つ記事です。

それではいってみましょう!

寿司学校のメリット

その1.素人でも2ヶ月で寿司が握れるようになる!

これは、寿司学校なので「そりゃそうだろ!」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、改めて考えると2ヶ月で学生全員に寿司を握れるようにするのは、結構すごいことだと思います。握れるようになる過程を少し書いていきたいと思います。

入学する前、僕は寿司を握ることはもちろん、調理経験も自宅でテキトーに料理する程度、素人同然の状態でした。なので、入学を決めた時は、「本当に俺が魚捌けるようになるのかな?魚の頭とか内臓とか切り離すの怖いんだけど…」と、かなり不安がっていました。今考えると、「これから寿司職人を目指すのに何言ってんだ」とツッコミたくなりますけども…

ま、とにかく、そんな状態で入学したわけです。

寿司学校では、和包丁を購入して、シャリ切りを見せてもらったら、すぐにマグロを切りつけて、握りの練習に入りました。入学して3日目にして、もう握りの練習です。常識的に考えるとかなり早いですよね。

握り方については、基本的な「横返し」という方法を習いました。最初は、「右手でシャリ玉を作って、左手でネタを持って、ワサビをつけて、真ん中にシャリ玉をのせて、空洞を親指で作って、右手の中指で指の先方向に横に転がして…」と頭で考えながら握っていました。

最初に握った寿司↓

なかなかすごいですね…今見るといろいろツッコミたくなります…

でも、放課後に残って練習を繰り返すうちに、だんだん形も良くなり、スピードも上がってきました。

テスト科目がいくつかあり、握りもそのうちの一つなので、合格できるように必死に頑張りました。この時の練習で得た感覚は、今でも財産になっています。例えば、右手でシャリを持って「これは大体14グラムだな」とかがわかるようになります。

毎日練習したおかげか、無事に最終試験に合格することができました。にぎりテストは追試になる人が毎回出るそうですが、僕の同期はみなさん一度で合格しました。

最終的な握り↓

これは昼食の時に作ったものなので、握りだけではないですが、これくらいのものは作れるようになります。2ヶ月でこのくらいの技術を身につけられば、自分的には満足しています。

ということで、「素人でも2ヶ月で寿司を握れるようになる!」というのは、言い過ぎではないと思います。

ただし、個人個人で求めるレベル、理想像は異なると思うので、その辺は難しいところですかね。ただ、僕としては十分だと思っています。

その2.寿司業界に仲間ができる!

技術を身につけられたのはとても良かったですが、その他にも寿司業界に携わる人と繋がりを持てたというのも大きな財産となっています。

僕の時の同期は10人以上いましたが、それぞれ年齢も違えば、職業も違うので、今まで接することのなかった人たちと話すことができてとても面白かったです。

中には、レストランを経営していて、寿司を自分の店のメニューに取り入れたいという方や、仲卸をしていてちゃんとした魚の捌き方を身につけたいという方、定年して周りの人に寿司を振る舞いたいという方。本当に目的は様々でした。僕と同じように単純に寿司職人を目指すという方のほうが少なかったです。

2ヶ月のコースだったので、純粋に寿司職人を目指す人が少なかったのかもしれません。インターンシップありの8ヶ月コースの方は、もっと寿司職人希望者が多いみたいですね。

授業が終わった後には、かなりの頻度で近くの居酒屋で語り合っていましたね。それぞれ違う仕事をしている人同士なので、いろいろな業界の話を聞けて勉強になりました。

卒業後は、国内の寿司屋に就職する人、自分の事業に活用する人、海外のレストランで働く人など様々でした。僕はその中でも国内の寿司屋に就職しました。一番オーソドックスですかね。在学中に就職活動も同時にして、卒業後はすぐに今の店で働いています。

同期の人たちとは今でも連絡を取っています(全員ではないですが…)。LINEで「今、店でどんな仕事してますか〜」とか、新年会を開いて現状を報告しあったり、お店の方に来てもらったりと、今でもつながっています。

いろいろな業界の人たちと、寿司でつながれたのは、いい経験でした。いきなり寿司屋に入って修行しはじめたらできなかったことです。これも寿司学校に入って良かったことですね。

寿司学校のデメリット

その1.お金がかかる!

これも当然といえば当然ですが…考えてみましょう。

入学に関わることだけで70万円くらいかかりましたね。僕の場合は日ごろから何かあった時のために貯金していたので良かったです。そのほかに生活費もかかるので、2ヶ月だけとはいえ、結構な出費です。他にも住むところとか。地方から入学する人とかは、家賃もかかるのでさらに大変です。

僕はたまたま家族が東京に住んでいたので、無理を言って2ヶ月だけ居候させてもらいました。本当に感謝感謝です。

それがないとなると、シェアハウスとかマンスリーアパートを借りるか…するとさらにお金がかかるわけです。生活費も入れると、2ヶ月で少なくとも20万円くらいはかかります。となると、寿司学校で2ヶ月勉強するのに100万円くらいかかる計算ですね。一般庶民には痛い出費です…

僕の場合は、当時無職で目標もなくなっていたので、思い切った行動が取れましたが、家族や子供もいてとなるとなかなか決断が難しいですよね。

ですので、費用面はよく検討する必要があります。

その2.教える内容のレベルが低い!※人によります

誤解のないように、最初に言っておきますが、レベルが低いと感じるのは人によります。言い換えると、人によってはレベルが低いと感じるかもしれません。

どういうことかと言いますと、例えば、すでに何年か和食などを学んできて、加えて寿司を握れるようになりたい!という方がいたとします。

そういう人にとっては、包丁の研ぎ方とか、天ぷらの揚げ方とか、桂むきの練習とか、だし巻き卵の焼き方とか、もう知ってるし、できることなんですよね。

実際、今働いている店に、和食経験が5年ほどある方が研修に来たことがありますが、寿司以外の技術って普通にできるんですよね。包丁捌きもさすがにすばらしいし(僕なんかが言える立場ではないですが)。

先ほど述べたように、授業を受ける人のバックグラウンドは様々です。僕みたいな素人もいれば、すでにレストランで調理に関わっている人、魚屋で魚ばっかり捌いてましたという人もいます。

なので、授業の内容が、人によってはすでに学んで身についたことである可能性があります。つまり、授業の内容が経験と重なる可能性があります。それが、「教える内容のレベルが低い」と感じることにつながります。

これは寿司の授業に限らず、学習することに関して、どこでも起こりうる現象です。例えば、英語の初級者クラスに中級者が入って一緒に勉強していたら、「もう知ってるよ〜退屈だな〜」と感じると思うんですよね。それと同じ状況が、寿司の授業でも起こるわけです。

ですので、ある程度料理ができて、寿司だけ学びたい!という人は、それを折込済みで入学する必要があると思います。

まとめ

以上、寿司学校のメリットとデメリットについて書いてきましたが、最後にまとめていきましょう。

メリット

 1.素人でも2ヶ月で寿司が握れるようになる!

 2.寿司業界に仲間ができる!

デメリット

 1.お金がかかる!

 2.教える内容のレベルが低い!※人によります

いろいろな意見があるとは思いますが、これから寿司学校に入ることを考えている、という方は参考にしてみてください。

それでは!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA